自衛消防訓練

今年度も、残すところあと数日となり、今の学年での最後の避難訓練を行いました。給食室からの火災を想定した放送が入り、避難の際に大事なポイント「お(押さない)か(かけない)し(喋らない)」をしっかりと意識して避難場所へ。年齢に関わらず鼻や口を覆って避難する姿が見られ、一年の成長も伺えました。

何度も行なっている避難訓練ですが、就学や進級など4月からはまた新しい環境に変化します。何事も起こらないことを日々祈りながら、これまで学んだことを活かして生活していきたいと思います。職員も子どもたちの前で消火器を使って、初期消火の実演をしました。年長児は、非常食を実際の作り方で作って食べてみました!お湯だけでお米が炊き上がることを不思議そうにしながらも、災害に備える大切さも学ぶことが出来ました。