第68回 卒園式

前日の雨がすっきりと晴れて卒園児74名全員が揃って卒園式を迎えることができました。胸には職員からのプレゼントである“ひまわりのコサージュ”を付けて胸を張ってホールへ入場。温かい拍手と保護者の方の、子どもたちを想う気持ちが溢れた表情に迎えられて式が始まりました。

“小学校への切符”と期待に胸を膨らませ、受け取ることを楽しみにしていた卒園証書。「大きくなったら…」と一人ひとりが夢を発表する姿は成長を大きく感じられる瞬間でした。 小さな頃からの思い出の詰まったスライドでは、微笑ましくもあり、これまでの園生活をゆっくりと振り返ることが出来ました。子どもたちはハーモニカやうたを披露する最後の機会に緊張の様子はあまり見られず、むしろ笑顔で保護者の方に最後の贈り物をしていたように感じられました。

感動に包まれた式の後は、笑顔と笑い声が耐えなかった保護者会主催のお別れパーティー!楽しい時間をご家族、職員と過ごすことが出来たのではないでしょうか。

これまでの園生活で培った力や、人を思いやる心、優しい気持ちなど、たくさんのことをピカピカのランドセルに詰め込んで、4月からの新しい世界で74人それぞれが輝いてくれることを職員一同、心より願っています。卒園おめでとう!!